日本賃金業協会とは

日本賃金業協会という期間をご存知ですか?あまり聞き覚えのないという人が多いと思いますが、賃金業者を検査・監視するというとても重要な役割を担っています。私たちの生活ととても深く関係している機関です。そこで、この機関について少しの間みていきましょう。

 

 

日本貸金業協会とは?

 

貸金業者である消費者金融業者、事業者金融業者、クレジットカード会社、信販会社、リース会社などを対象に、検査や監視を行う業界団体のことです。目的貸金業界の自主規制機能を担う唯一の自主規制機関です。この団体は特別の法律のもと、設立された法人です。

 

日本貸金業協会のできた経緯

 

2007年に改正・発行された貸金業法の改正案に伴い、旧貸金業規制法の元にあった全国貸金業協会連合会が解散されました。そこで改正貸金業法に基づく新しい組織が設立されることになりました。これが日本貸金業協会です。日本貸金業協会は内閣総理大臣認可の元できた法人、つまり認可法人なのです。

 

 

日本貸金業協会の設立の目的

 

消費者金融、信販、カード会社など全国で貸金業として登録している業者の半数近い会社が加入をしています。日本貸金業協会の活動の目的としては、改正法に基づいて賃金業にまつわる自主ルールを定め、それに基づいて会員業者を監査することを目的としています。日本貸金業協会が定めたルールに従わなければ、最高1億円の過怠金やこの組織から除名できるなどの権限を持っています。さらに日本貸金業協会の検査や監督が不十分とみなされる場合は、金融庁が協会を検査することになっています。

 

 

日本貸金業協会と全国貸金業協会連合会の相違点

 

基本的に賃金業者を検査・監視することに関しては同じなのですが、最大の相違点ともいえるには指導・監督・監査権限の強化がなされたことです。賃金業者が監督に従わない時の罰則強化が行われています。内閣総理大臣の監督下ということで、従来の貸金業協会よりも機能を強化し、強力な自主規制機関として生まれ変わりました。

 

 

日本貸金業協会のシンボルマーク

 

日本貸金業協会のシンボルマークは譲葉(ゆずりは)の花をシンボルにしています。この花の花言葉は、新生です。以前の組織から新しい組織へと生まれ変わり、さらなる上に向かう、新しく発展していく協会でありたいという願いがこめられています。全国貸金業協会連合会の協会員であることを示すシンボルマークは、安心・信頼を示すものとして、私たち利用者が安心して使える業者を探すときに役立つのです。

 

 

 

借り入れを行いたい人は、さまざまな疑問が生じるものです。そんな疑問の中でもよく聞かれる疑問について取り上げてみたいと思います。

 

疑問1;無担保借り入れについて

無担保でお金を借りることはできますか?そしてその時に必要なものは何ですか?

無担保での借り入れは可能です。しかし、借り入れの限度額はそれなりに小さなものになってしまう可能性がありますが、もしも小額の借り入れを検討しているのであれば、何の問題もなりでしょう。
そしてその際に必要なものについてですが。本人確認書類、印鑑、収入証明書等です。
本人確認書類は、運転免許証・健康保険証・パスポートでOKです。収入証明書は、勤め先の源泉徴収票や市町村発行の所得証明書などを利用できるでしょう。金融機関次第ですが、居住地が確認でいるものなども必要になることもあります。

 

疑問2;携帯電話について

携帯電話しか持っていません。固定電話はありませんが信用問題にはならないでしょうか?

小額の借り入れであるならば大丈夫です。しかし、最近は携帯電話しか持っていないという人も増えてきました。そのためこの事情も金融機関は考慮しているようです。しかし、固定電話を持っているということはその時点で居住地が固定してあるということになります。そこでより信用が高くなるというのは事実です。

 

 

疑問3;確認電話について

申込時に職場に確認の電話があると聞きました。本当ですか?

職場に在籍確認を目的とした電話が入る場合があるということは、事実です。特に高い額の借り入れの場合は、金融機関側としても十分に確認したということで電話がある可能性は高いです。しかし、個人情報保護などはしっかりと行ってくれます。金融機関からの電話であるということはわからないようにしてくれます。この電話の目的は在職確認です。金融機関側も在籍していることさえ確認が取れれば、何度も電話をするということはありません。

 

疑問4;勤務状態について

もうすぐ社会人になります。収入欄にはなんと書けばいいでしょうか?

社会人になった場合は、昨年の年収はありません。よって見込みの額を記入することになります。フリーターから正社員になった場合も同様です。見込みの額でかまいませんが、窓口の人に一度確認を取るのがいいかもしれません。

 

指定の銀行口座があれば申込みが早い借入先